顕著になる産後や年齡が原因で悩む女性の薄毛┃頭髪ボリュームアップ

薄毛

顕著になる近年の傾向

原因と特徴

相談

ここ数年、二十代・三十代の薄毛に悩む女性の方が増えてきています。しかしこの年代の女性の薄毛の原因は、老化によるものではありません。この現象は若年性脱毛症と呼ばれています。では原因は一体何なのでしょうか。この年代で薄毛になる原因は、ヘアサイクルがきちんと機能していない事が原因になります。ヘアサイクルとは、髪の毛のターンオーバーのサイクルのことです。これが機能していないと、抜ける時期ではない毛が抜けてしまったり、毛が痩せてしまったりします。これが全体に占める割合が大きくなると薄毛がどんどん目立つことになってしまうのです。ほかの原因としては女性に多い無理なダイエットによる自律神経のみだれやストレス、女性ならではのファッションによる髪へのダメージ(ヘアカラーやパーマなど)などが上げられます。

全体的に見た傾向

上記で若年の女性の薄毛が増えていると書きましたが、やはり全体に見ればまだ少ないほうで多くは五十代から六十代に集中しています。今まで人知れず薄毛に悩んでいたこの年代の方々が、薄毛対策の技術の進歩により積極的に薄毛対策に乗り出してきているのですね。この年代の薄毛の原因としては、甲状腺の機能が低下して甲状腺ホルモンの分泌が悪くなる病気の甲状腺機能低下症があります。これは男女共になる病気ですが、圧倒的に女性に多い傾向があります。特に四十代以降の女性がに多く発症する病気です。症状としては冷え性になる・皮膚が乾燥する・顔や手足がむくむなどが上げられます。そしてそのせいで薄毛になりカツラが必要になる人もいるそうです。